真剣勝負の世界に生きる

【真剣勝負の世界に生きる】

整体師として、独立自営する。
それは、真剣勝負の世界に生きることだと私は考える。

守ってくれる資格も、組織も、制度もない。
頼れるのは、己の心身だけ。

唯一無二の命に向き合う。
結果を出し、喜ばれ、その対価をいただく。
そこに、自分一人で全責任を負う。

結果が、すべてである。
そこには、誤魔化しも、虚飾も、言い訳も通じない。
真剣勝負の世界である。

集客ができない。
治せない。
経営が伸びない。

そんな泣きごと言うなら、最初からやめておけ。

どんなことをしても、何とかする。
調べ、考え、行動する。
それでだめなら、また調べて、考えて、行動し続ける。

その繰り返しの中で、人は成長する。
人としての成長なしに、整体師としての成長はない。

真剣勝負の世界に生きる。
それは、命の素晴らしさが実感できる生き方である。
一度味わうと、ぬるい世界には戻れない。

家畜として、生きるのか。
柵を飛び出し、野生を取り戻すのか。

自分の人生を、他に委ねるのか。
それとも、自分に取り戻すのか。

その選択と決断をするのは、「今」しかない。
「いつか」は、永遠にやって来ない架空の未来である。

真剣勝負の世界に、身を投じてみたい。
どこまでも、命の素晴らしさを追究してみたい。
自分の人生を生きたい。

そんな奇特な人との出逢いを、心待ちにしている。
http://juku.shin2raku2do.jp/index.php?go=0A57UU

コメント


認証コード7000

コメントは管理者の承認後に表示されます。